半径5メートルの気になること探し

脳トレを兼ねて始めました

ポシドニアが海を綺麗にしてくれる!イビサ島を観光してみたい

スペインのリゾート、イビサ島。なんと島全体が世界遺産に登録されており、海の美しさは地中海一と言われています。

見たことがないようなターコイズブルーの海、悠久の時を感じる歴史ある街並み・・・映像を眺めるだけでも、ため息が出てしまう美しさです。ぜひとも行ってみたい。

どうしてこれほどまでに、美しい海の色になるのか。調べてみました。

 

イビサ島ってどこにある?時差は?

スペイン・バレアレス諸島の一つです。マドリードからは飛行機で約1時間。日本からの平均飛行時間は19時間35分。時差は8時間です。1日がかりの長旅になりそうです。

 

見たい①ターコイズブルーの海とポシドニア

沖縄の海が世界一美しいと思いましたが、また違う種類の深い青で、ずっと見ていられます。この海でシュノーケリングなんかしたら、最高でしょうね。

水質の秘密ですが、ポシドニアという海藻がイビサの海を綺麗にしているのだとか。ポシドニアは地中海とオーストラリア南海岸付近に見つかっている、貴重な海洋生物です。

海の中でも光合成を行い、酸素を作り出して浄化します。世界遺産になるほどの海に仕上げてくれるなんて、すさまじい力です。東京湾にもぜひ生えていただきたい、ポシドニア。

 

見たい②世界遺産

ダルト・ビラ

2,700年前のフェニキア人の遺跡もあるということで、歴史が古い街です。漫画・キングダムよりも古い時代の街並みだなんて、ロマンがありすぎます。

教科書に載っている歴史の世界が、当時の人々が、本当に実在していたんだな・・・と思わされます。

まさに、こういう街に行ってみたいのです。歳をとって涙腺が弱くなったのか、美しいものを見るだけで、目の奥がグッと熱くなります。

パキッとした強い色ばかりなのに、全てが調和していて優しい雰囲気。こんなカラフルな道を気の向くままに、細かい路地まで入って散策してみたいです。

『白い迷路』と言われていますので、同じ雰囲気の建物がずっと続いているのでしょう。喜んで迷子になりたいほどの美しさ、ずっとウロウロしていたです。

 
エス・ベドラ

石灰岩でできた、400メートルの高さがある島です。

磁場が強い=パワースポットとは知らなかったです。思えばピップエレキバンのように磁気治療もありますから、なんだか体にもよさそうです。

海だけでも十分に癒される上に、パワーまで与えてくれるとはお得すぎます。

 

見たい③塩の山

古来より製塩が盛んなイビサ島には、有名なブランド塩があるのだとか。私も塩愛好家なので、お土産には絶対買いたいです。

調べてみるとミネラルなどの栄養価が豊富で、口コミもとても良かったです。瓶も太陽いっぱいの日差しを感じるデザインで、飾っておきたいほどにオシャレ。

日本でも買えるそうなので、せめて気分だけでもイビサ島を味わってみたい。現地価格でイビサ塩を仕入れて、惜しみなくバスソルトにもしてみたいです。(夢)

 

治安はいいの?

イビサ島は世界でも有名な、パーティアイランドでもあります。各地から有名DJがやってきて、パリピが大集合する島なのです。

ドラッグの売人がウロついているとの情報もありました。(しっかり断れば大丈夫とのことです!)半裸の若者が泡に溺れて踊り狂う、『泡パーティ』なるものもSNSで散見されます。

 

ぎゃー!中高年には場違いな島だったのか!?

朝まで飲んで踊れる生命力がないと、浮いてしまいそう・・・。その心配はいらず、世界遺産も有名ですが、ナイトクラブ文化『も』有名なのでした。

家族連れやシニアがゆったり過ごしていると知り、ほっとひと安心。確かに、島全体がクラブだったら住民も落ち着きませんね。

パーティベストシーズンは6月末〜9月末です。泡に埋もれてクラブを楽しむならば、夏ですね。

 

まとめ

マリンレジャーに、歴史ある街、そして美味しいスペイン料理!最高に最高な組み合わせでできた場所、イビサ島。

美しい海に沈む夕日は、世界一なんだとか。また行きたいところが増えてしまいました。