半径5メートルの気になること探し

脳トレを兼ねて始めました

大哺乳類展3に行ってきた感想&評判口コミ調べ2024


子ども(小1)が春休みに入ったので、国立科学博物館で開催されている『大哺乳類展3』に行ってきました。

200体もの哺乳類たちが大行進するという展示に、実物大サイズのシロナガスクジラの心臓レプリカがあると聞き、そのサイズを拝んでみたかったのです。

テーマが分類、系統、進化・・・と子どもには難しそうでも、動物ならば見るだけでも楽しめるのではないか!?と、期待を込めて。

こちらの記事では私(40代)の感想と、世の中の口コミを調べてみました。これから行く方の参考になれば幸いです。

 

大哺乳類展3概要

大哺乳類展3-わけてつなげて大行進
開催期間:2024年3月16日(土)~6月16日(日)
会場:国立科学博物館 (東京・上野公園)
住所:東京都台東区上野公園7-20
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)
開館時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
入場料:
<当日券>一般・大学生 2,100円、小・中・高校生 600円

(2024年3月現在の情報です。詳しくは公式HPをご確認ください)

→チケットはこちらから購入できます

 

感想

展示のあちこちで、そのサイズ感にビックリしました。宣伝されていたシロナガスクジラの心臓ですが、遠目からでもデカくて『まさか、あれじゃないよな・・・!?』と目を疑ったほどです。

これが心臓なんて・・・!!成人3、4人が中にスッポリ入れそうな、巨大寝袋サイズです。人間の心臓なんて握りこぶし程度だし、勝負にならないスケール。シロナガスクジラ本体の大きさたるや、想像がつかないほどです。

これ以外にも様々な動物の内臓が展示されており、哺乳類同士でも全然、形が違うのが面白い。『これはもしや、実物の内蔵なのか・・・?』と思うような、謎の液体に浸かったものもチラホラありました。

理科の教科書で見たことがあるような、ないような、もっと詳しく見たい!!というコーナーでしたが、混雑と子どもが次に行ってしまったこともあり、サラッと眺めるに終わります。

哺乳類・大行進の会場です。写真には収まりきらないほど、広々とした場所で大迫力。

『生き物が仲間同士で分けられて、飾られているんだぞー!』と子どもに訴えるも、『そうなんだ〜!』という、わかっているんだか、わかっていないんだかの返事。いつかどこかで、シナプスが繋がってくれたらいいさ・・・。

そんな中、『さすがに、アレは嘘だよな・・・!?』というビッグサイズを発見。

ミナミゾウアザラシです。象やクジラ、恐竜が大きいのはわかる。しかしこれは、何だ。夢に出てきそうな大きさなのです。展示の中でも目立ちすぎていて、思わず二度見しました。

この圧は実物を味わっていただきたいです。私の写真なんぞでは、伝わりません。散歩してて出会ったら、腰が抜けます。

かつての江ノ島水族館で飼育されていた、大吉くんです。剥製となって国立科学博物館に寄贈されたのだとか。すごいよ、大吉くん!

 

ヒグチユウコさんのグッズを買ってきた

私が行った日はおそらく、多くのグッズが欠品していました。サクラドロップを買いたかったのですが影も形もなく、ポストカードをお買い上げ。引き伸ばしてポスターにしたいほど、素敵な絵です。

wakuwakuoba.com

 

評判調べ

わかりますー!写真をあちこち撮りましたが、どうも迫力が伝わらない。あのサイズ感を生で体感してもらいたい。

春休み×平日×雨の日に行きましたが、けっこう混雑していました。夏休みの土日よりは、全然マシでしたが。もう一回、細かいところをじっくり読みたい・・・。

レジの列が1時間半・・・!しかも商品確保にも1時間半!戦いを生き抜いた勇者だけが、グッズを買えるのですね。

私が行ったときはグッズコーナーは空いていましたが、人気商品は全て売り切れていました。

他にも『グッズ売り場が大パニックになっており、つけ爪が3枚取れた!』という方もいました。いかに激しい戦いだったのかがうかがえます。

公式からの案内によると、15時以降が落ち着くのだとか。私は13時くらいに行きましたが、まぁまぁ混んでいました。ギューギューではない感じです。

 

子連れにオススメの立ち寄りスポット

国立科学博物館内に、『コンパス』という有料の遊び場があります。

立派なアスレチックに、あちこちに動物の剥製も飾ってあるので、ちょっとした哺乳類展!なかなか予約が取れないところが難点なので、予約情報は要チェックです。

子どもたちは大哺乳類展よりも、こちらのほうがイキイキしていたような・・・!?

 

まとめ

帰りは大好きなあんみつ屋の『みはし』に寄りたかったのですが、行列で断念。どこもかしこも、人が多すぎます。それだけ、平和な世の中に戻ったということですね。

動物が好きな方にオススメの、大哺乳類3。展示は勉強になりますし、その大きさに触れるのも、貴重な体験です。できれば会期中に、もう一回、ゆっくり見に行きたいと思います。

 

大哺乳類展3→チケットはこちらから購入できます