半径5メートルの気になること探し

ママ友に知らせたいことをポツポツと書いています

歴代のしまじろう映画で一番楽しんでいた【ミラクルじまのなないろカーネーション】小学生と観てきた感想

『映画しまじろう ミラクルじまのなないろカーネーション』を、しまじろうを卒業しかけている、小1男子と観てきました。

観客は赤ちゃんと幼児ばかりで、そろそろ対象年齢外か・・・!?と思いきや、親子ともども楽しかったです。

ちなみに我が子が歴代しまじろう映画の中でお気に入りなのは、【しまじろうとくじらのうた】と、【しまじろうとフフのだいぼうけん~すくえ!七色の花 】【しまじろうとえほんのくに】です。

 

 

どれも世代ではありませんが、何度も視聴していました。しまじろうはずっといい子でい続けてくれます。

 

こちらの記事は2024年しまじろう映画についての紹介、感想、口コミ調べを書きました。映画館デビューにもぴったりな、しまじろうの世界です。

 

ミラクルじまのなないろカーネーション感想

しまじろう&友達が別世界の冒険に巻き込まれるのですが、両親にタブレット連絡をして無事を知らせるあたりが現代的です。

 

大人にナイショでこっそり冒険するドラえもんたちは、もう少し上の年齢になるのでしょう。

 

悪役に対しても『ちゃんと話し合えば、気持ちが変わるかもしれないよ!』と平和的解決で挑もうとするしまじろう。

 

何があっても諦めないと、お母さんと約束したんだ!』等々、イケメンなセリフもちょこちょこ吐きます。もう、なんて良い子なんだ・・・!可愛すぎるよ、しまじろう。

 

劇中に出てくる『願いが叶うカーネーション』は、大人の映画だったら血を見ること必至のアイテムですが、しまじろう映画では醜い煩悩など一切表現されず、爽やかアイテムとして料理されており、安定した世界観が素晴らしいのです。

 

私だったら何を願おうか・・・と考えていると、しまじろうが母親に聞きました。

 

『お母さんの願いごとはなに?』

 

しまじろう母は『子どもたちがいつまでも元気でいること』と無難に答えます。うんうん、そうよね。子の元気が何よりも大事!私も同じ願いだよ。

 

すると、しまじろうから『僕のことじゃなくて、お母さんの願いだよ!』と・・・。ハッとしました。すぐに出てこないのです。自分の事に関した願いが。

 

しまじろう母は『じゃぁ、いつまでも若くて綺麗でいることかな』とその場はサラッと答えますが、終盤では『子どもたちがいつまでも元気でいることを』ファイナルアンサーにしました。

 

あぁ結局、そうなってしまうんだよな・・・。わかるよ、わかる。どうしてもウルウルしてしまう数々の場面。

 

色んなタイプの母親が劇中に登場してくるところも、それぞれの家庭事情があるだろうから、自身の琴線に触れるところを探してね!と言われているようです。

 

子どものエンタメや教育要素はもちろん、あらゆる声に対応したのであろう細やかな作りまで、本当によくできているのです。さすがベネッセ。

 

途中で参加型のダンスがあるのですが、小1男子たちは大盛り上がりで楽しんでいました。まだまだ、しまじろう愛が残っているな・・・と、再確認した映画です。

 

しまじろう映画はこんな感じ!

真っ暗にならない

映画前CMの薄暗い感じが、上演後も続きます。暗闇が苦手な子がギャンにならないように配慮されています。大人でも特に違和感はナシ。

休憩がある

6分の休憩がありました。休憩時間もしまじろうのマッタリした可愛い映像が流れ、トイレもいけます。上映後は記念撮影タイムも(6分)ありました。

参加型

「しまじろうを応援して!」と声を出す参加シーンがあります。子たちの「頑張れー!」が響き合う、平和な空間に。声を出せるようになったなんて、コロナが明けたんだなぁ・・・と感じます。

どこを切り取っても安心の塊

・ラスボスですら最終的にはただのいいヤツ!

・困難が降りかかろうとも、力を合わせて諦めずに頑張る!

・勝負をするにも暴力ではなく平和的表現で解決!

・ありがとうの気持ちが大事だと繰り返してインプット!

等々、どのシーンを切り取られても全方位、完璧な作りなのです。親からも絶大なる信頼を得ている、しまじろうの真髄がギュッと詰まっています。

このまま道徳の教科書にできるんじゃないか、と思うほどいいストーリーです。

ストーリー

しまじろうはある日「ミラクルじま」から来た、不思議な力をもつ男の子、ミラーと出会います。

ミラーは「大切な人にあげると願いが叶う」というなないろカーネーションを持っていましたが、島中のなないろカーネーションを独り占めにしようとしている、大魔法使いに奪われてしまいました。

果たして、しまじろうたちはミラーと一緒に大魔法使いからなないろカーネーションを取り戻すことができるのでしょうか…? 

出典・映画公式HP

 

しまじろう2024映画ネット上口コミ

わかります。何度もグッときましたもの。プロたちが総力をかけて、泣かせにかかってくるのです。素人はひとたまりもありません。

 

確かに前作ではなかった、記念撮影タイム。シルバニアの映画でも見ましたし、最近の子ども映画の流行りなのでしょうか。

 

「タイタニックの楽団シーンくらい号泣した!」という口コミもあったほど、ワーママには特に刺さるシーンがあります。

 

子ども向けと侮ることなかれ。オトナに向けてもメッセージ性があり、子育て頑張ろう!と思えますから。

 

まさに!コーヒーの売り上げも上がりますよ、オトナ向けこそトイレ休憩がほしい。

 

ははは!(笑)ガオガオさんは戦力にはなりませんが、物語を進める上では必要なポジションなんですよね。今回も要所要所で活躍しつつ、最終決戦ではしまじろうを送り出して、留守番してましたから・・・。(子どもの自立を促したことにします)

 

ミラクルじまのなないろカーネーション概要

作品名:映画しまじろう『ミラクルじまの なないろカーネーション』
公開日:2024年3月8日(金)全国ロードショー
声の出演:南 央美 高橋美紀 山崎たくみ 鈴木真仁 井上喜久子 茶風林 稲葉 実
藤原夏海 花澤香菜 坂本真綾 / 木全翔也(JO1)